乳酸菌 ビフィズス菌

乳酸菌 ビフィズス菌

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 微生物 > ビフィズス菌
ビフィズス菌
ビフィズス菌は乳酸菌の一種で、1899年にフランスのパスツール研究所で乳児の排便の中から発見しました。

形状がYやVの字のように枝分かれしていることから、ラテン語のビフィッド(分岐)に由来した命名でこのように呼ばれるようになりました。

糖を分解して乳酸や酢酸を生成するため、腸内で大腸菌などの病原性腸内細菌を抑制する働きがあることがわかっています。

一般には善玉菌のひとつとされていますが、乳酸発酵させたヨーグルトなどの発酵食品をバランスよく食べると、ビフィズス菌も増加するといわれています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved