あんパン

あんパン

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > パン > あんパン
あんパン
菓子パンの一種であるあんパンは、まんじゅうのあんとパンの皮を合わせた和洋折衷の日本独自のパンです。
生地の香ばしさと、あんの深みのある甘さが特徴です。

明治の初期、現在の木村屋の創業者である木村安兵衛とその息子の木村英三郎によって考案され、銀座で売り出したのが始まりです。明治天皇にも献上されたといわれています。

あんの種類には、つぶあん、こしあん、白あん、栗あんなどがあり、揚げパンにしたあんドーナツなどもあります。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved