いしる

いしる

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 魚醤 > いしる
いしる
いしるは、能登半島に古くから伝わる魚醤の一種で、スルメイカなどの内臓を塩漬けにして長期間自然発酵させて作られたものです。

「いかの汁」がなまって「いしる」になったと言われていますが、「いしり」とも呼ばれたりします。イワシを発酵させた魚醤もあり、これは「よしる」と呼ばれています。

魚醤特有の独特の香りと深い味わいが特徴で、刺し身や焼き魚にかけたり、煮物や鍋料理などに使用することにより料理の味わいが深くなります。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved