金山寺味噌

金山寺 味噌

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 味噌 > 金山寺味噌
金山寺味噌
金山寺味噌は、鎌倉時代に宋の国、径山寺(きんざんじ)から修行を終えて帰国した法燈国師によって、紀州湯浅に伝えられたといわれています。

気候や水が金山寺味噌を作るのに適しており、湯浅を中心にして作られ、現在に至っています。

米・大麦・大豆からできた麹の中にナス、瓜、胡瓜、しょうが、しそなどを刻んで混ぜて仕込んだもので、調味料としてではなく、おかず味噌としてそのまま食べり、あたたかいご飯やお茶漬けなどとして食べる味噌です。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved