すし 種類

すし 種類

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 魚の発酵食品 > すし
すし
「すし」は現在のような生の魚介類と酢飯を一緒に握った鮨(寿司)や押し寿司、ちらし寿司のようなものではなく、もともとは魚の保存方法の一つで、ご飯に魚を漬け込む発酵食品のことをいい、東南アジアがその起源とされています。

語源は「酸し」で、乳酸発酵による熟成で酸っぱくなったということからきています。

発酵食品である「すし」には、熟鮨(なれずし)である滋賀県琵琶湖沿岸の鮒寿司、石川県のかぶら寿司、北海道や東北の飯鮨などがあります。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved