飯寿司

飯寿司

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 魚の発酵食品 > 飯寿司
飯寿司
飯寿司(いずし)は、北海道や東北、北陸地方など寒い地域で作られてきた発酵保存食で、塩漬けした魚を塩抜きしてから、麹と米飯を加えて発酵熟成させたものです。

原料魚はサケ、ニシン、マス、ハタハタなどで、ダイコンやニンジン、カブ、ショウガなどの野菜もいっしょに漬け込むのが一般的で、一ヶ月くらいで熟成させてから味もなれてきたころに食べられるようになります。

現在の鮨の原型といわれる「なれずし(熟鮨)」の一種です。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved