ホヤ塩辛

ホヤ 塩辛

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 塩辛 > ホヤの塩辛
ホヤの塩辛
ホヤの塩辛は、独特の風味を持つホヤを切って塩漬けにしたものです。

特に莫久来(ばくらい)と呼ばれているこのわた(ナマコの内臓の塩辛)を合わせたものが珍味として人気です。

ホヤは4月〜7月頃が旬で、形がパイナップルに似ていることから、海のパイナップルと呼ばれることもあります。

また、消化されやすいのが特徴で、吸収の速い動物性炭水化物の供給源として知られており、グリコーゲンやタウリン、鉄分などの栄養素も多く含んでいます。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved