鮎うるか

鮎 うるか

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 塩辛 > 鮎うるか
鮎うるか
「うるか」とはアユの腸のことですが、鮎の内臓や身を塩漬けにして長期間熟成させた鮎の塩辛のことも「うるか」といわれています。

鮎うるかには、苦うるかと子うるか、白うるかがあります。
一般に鮎うるかといえば鮎の内臓で作った苦うるかのことをいいます。子うるかは鮎の卵巣で作ったもの、白うるかは鮎の精巣で作ったものです。

「うるか」にする鮎は、腹に砂が入っていないものを選ぶ必要があり、空腹になっている夜間を狙って漁をしたものが良いとされています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved