めふん

めふん

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 塩辛 > めふん
めふん
めふんは、北海道の郷土料理で、雄の鮭の中骨に沿って付いている腎臓(ちあい)の部分を塩蔵して発酵熟成させた塩辛のことです。

白鮭、紅鮭、銀鮭、樺太ますなどが原料となり、アイヌ語のメフル(腎臓)からこの名前がついたといわれています。

とろっとして黒い色をしており、酒の肴に人気の珍味です。伝統的なめふんは塩味でかなり塩分が高いですが、最近では、醤油味のめふんもつくられており、醤油の旨みにより生臭さみが抑えられ、まろやかで食べやすい味にしています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved