がん漬け

がん漬け

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 塩辛 > がん漬け
がん漬け
がん漬けは佐賀県や長崎県の郷土料理で、シオマネキなどの小ガニを殻ごとすりつぶして、塩と唐辛子、麹などを加えて発酵熟成させた塩辛の一種です。

江戸時代から続く保存食で、別名かにづけとも呼ばれ、がん漬けの「がん」は、かにがなまったものといわれています。

ピリッとした辛さが特徴で、温かいご飯などにかけて食べます。
有明海沿岸の漁村や農村では、古くからがん漬けを作って酒の肴やご飯のおかずとして食べていたようです。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved