豆腐よう

豆腐よう

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > その他 > 豆腐よう
豆腐よう
豆腐ようは、沖縄県の郷土料理で、名産の島豆腐を米麹や泡盛、中国産の紅麹、塩、砂糖を原料とした漬け汁に入れて密封し、発酵熟成させたものです。
チーズやウニに似たなめらかな食感で、独特の風味があり、酒の肴として親しまれています。

中国から豆腐乳(腐乳)として伝わったもので、それが変化して豆腐ようと呼ばれるようになったといわれています。豆腐乳(腐乳)はとても塩辛くクセが強かったので、泡盛などを用いて改良され、現在の豆腐ようになっています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved