いぶりがっこ

いぶりがっこ

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > いぶりがっこ
いぶりがっこ
いぶりがっこは、秋田県を代表する漬物で、燻製のたくあんのことです。
いぶりとは「燻す」ことをいい、がっことは漬物のことをいいます。

秋田県ではその昔、囲炉裏の焚き火で暖をとっていた頃、大根を収穫して干すころには冬が近づきダイコンが凍ってしまうので、囲炉裏に吊るし、立ち上る煙でいぶしながらダイコンを干すようになりました。

寒さの厳しい地方の苦肉の策として、このたくあん干しの燻製が作りだされ、現在に至っています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved