金婚漬

金婚漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 金婚漬
金婚漬
金婚漬は、岩手県を代表する伝統的な漬物で、この地方特産の「かりもり」と呼ばれる白瓜(シロウリ)の中をくり抜き、昆布で巻いたゴボウ、ニンジンを詰めて、味噌床に長く漬け込んだものです。

金婚式の夫婦のように長い時間をかけて良い味を出すことからつけられている名前です。
もともとは農家の保存食として各家庭で作られていました。

最初は粕漬だったようですが、現在は味噌漬が主流になり、粕漬は銀婚漬として販売しているところもあるようです。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved