沢庵漬

沢庵漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 沢庵漬
沢庵漬
沢庵漬は、日本の代表的な漬物のひとつで、干した大根を塩と糠で長期間漬けたものです。

江戸初期の名僧、沢庵和尚がはじめたことからこの名がつけられたと伝えられていたり、また、「貯え漬け」から変化したものとだという説もあります。

沢庵漬は素朴でありながら味わい深いのが特徴で、東北のいぶりがっこ、渥美沢庵、紀ノ川漬、七尾沢庵、山川漬など地域の気候や風土により、様々なバリエーションにとんだものがありますが、食生活の変化などで、最近は調味されたものが好まれるようになってきています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved