奈良漬

奈良漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 奈良漬
奈良漬
奈良漬は、シロウリを塩漬けにしたものを何度も新しい粕に漬け替えし、最後に上粕と砂糖、みりん粕で本漬けしたものです。

昔はシロウリの粕漬を奈良漬といいましたが、今日ではキュウリ、小スイカ、ダイコン、生姜なども奈良漬の材料とされています。

奈良漬にする野菜は、2週間ほどは塩に漬け込んで野菜の水分を抜き、水を切った後、酒粕に漬け込み、塩味を抜いていきます。
塩抜きしたものを何度も漬け替えるため、野菜にたっぷりと染み込んだ酒精が、独特の風味と香味を作り上げています。

奈良漬は、うなぎの蒲焼の相性が良く、漬物として最高の取り合わせとされています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved