べったら漬

べったら漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > べったら漬
べったら漬
べったら漬は東京の名産で、皮を剥いだダイコンを米麹と砂糖で甘く漬けた漬物です。

漬物の表面についた麹がべとべとしていることからこの名前がついています。軟らかくてカリカリした歯ざわりで、上品な甘さと淡白な味が特徴です。

毎年10月19日の夜に東京の大伝馬町に「べったら市」という市が立ちます。当初は恵比須講にまつわるものを売っていましたガ、その後ここで売られるべったら漬が評判になり、漬物の市のようになっていきました。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved