野沢菜漬

野沢菜漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 野沢菜漬
野沢菜漬
野沢菜漬は、長野県の野沢温泉地域で栽培される野沢菜を漬け込んだ漬物です。

塩と唐辛子で漬けるのが一般的ですが、昆布やニンニク、煮干、味噌、柿の皮などを入れて作る家庭もあるようです。

野沢菜は江戸時代に、この地の僧が京都から持ち帰った天王寺蕪の種子を栽培したもので、気候風土により葉や茎の大きいカブに成長して野沢菜となり今日に至っています。

野沢菜漬は、漬け物桶から出すと空気に触れるて酸化が始まり、表面が乾いてしまうので、できるだけ短時間で食べるのが良いとされています。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved