千枚漬

千枚漬

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 千枚漬
千枚漬
千枚漬けは京都の代表的な漬物で、かぶ(聖護院かぶら)を薄く輪切りにして塩漬し、昆布、唐辛子といっしょに酢漬けにしたものです。

かぶを包丁で千枚といわれる程薄く輪切りにしたためにこの名前がついています。
「すぐき」、「柴葉漬」と並んで京都の伝統的な三大漬物のひとつです。

千枚漬けは、幕末動乱の時代に大黒屋藤三郎が、宮中でよく使われていた京野菜聖護院かぶらを薄く切り、昆布で味付けした漬物として考案したのが始まりです。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved