三五八漬け

三五八漬け

体にやさしい発酵食品
当サイトでは、発酵食品の概要とその種類について掲載しています。
微生物の働きによってつくり出される発酵食品は、昔から私たちの食生活と健康に大きく関わってきました。少しクサイものが多いけれど、体にはとてもやさしい食べ物です。
最近は少し敬遠されがちな発酵食品ですが、私たちの食生活には欠かせないものとして取り上げてみました。少しでも、皆様の参考になれば幸いです。
スポンサードリンク
HOME > 漬物 > 三五八漬け
三五八漬け
三五八漬けは福島県会津地方に伝わる郷土料理で、野菜を麹の漬け床に漬け込んだ漬物です。

塩、、麹、むし米の割合を3:5:8で混ぜ合わせて作ることからこの名前がついています。
キュウリ、ナス、、カブ、ダイコンなど季節の野菜のほかにハタハタの三五八漬けなど魚や肉なども漬けられます。

麹(こうじ)が生み出す自然の甘味が特徴で、家庭で手軽に作ることができ、糠(ぬか)を使わないので匂いもきつくなく、保存管理も比較的簡単です。
スポンサードリンク
M e n u
発酵食品とは
発酵食品三つの力
体が喜ぶ発酵食品
腐敗と発酵
 発酵食品豆辞典 T
微生物
味噌
醤油
みりん
魚醤
塩辛
魚の発酵食品
納豆
漬物
チーズ
ヨーグルト
発酵バター
パン
Copyright (C) 体にやさしい発酵食品  All Rights Reserved